新弟子にして大器の駆け引き

武藤は新日本プロレスに入門3日ほどで山本小鉄に辞めたいと言ったことがある。スクワットの練習中、山本小鉄が「嫌ならやめていいんだぞ」と言ったところ武藤は練習を投げ出し、「辞めます」と言い放った。小鉄はたじろぎ、他の練習生であれば引き留めるはずもないところだが「お前、辞めるなんて言うな」と言ったそうだ。さらに小鉄は「あと1週間だけ辛抱してみろ、それでもいやなら辞めても構わない」と言い、それを聞いた武藤は「俺って期待されているんだ」と確信し、そのまま練習を続ける決意を固めたという。

共に練習していた蝶野は、「武藤が『あの逸材だから』相手がどう反応するか判っていて駆け引きをしていたようだ」と語ったそうだ。

新弟子にしてこのふてぶてしさ。天才だからこそできる事だろう。

扱い

マサさんの新日での扱いは上位の方だったと思う。

藤波・ジョージVSマサ斎藤・スコットホールという試合の動画を見つけた。

これは今となっては大変興味深い、良い組み合わせだと思う。

スコットホールがかなり動けている。

マサさんも堂々たる試合振りだ。

ジョージ高野は、ザ・コブラの失敗で完全に失速してしまったのが残念なところ。弟もそうだが、素質では物凄いものがあったはずなのに。

ドラッグストア・ウォーズ

ドラッグストアは、この10年で約2倍、6兆円に拡大した巨大市場だ。

医療や介護に事業の軸足を置き、高齢者を取り込むのがウエルシアだ。人口約48万人の千葉県松戸市。東武線と新京成線にはさまれた住宅街に、ウエルシア関東・松戸五香店がある。店長の鎌田百合子さんは「周辺はドラッグストアとコンビニ、病院と介護施設ばかりです」と説明する。

薬剤師の土屋真路さんはこう説明する。店内にはクリーンルームもあり、注射の対応も可能だ。市が主催する介護事業の催しで、調剤薬局の役割を説明したところ、取引につながったという。看護師やケアマネジャーとの連携を密に、患者をサポートする。

今や4人に1人が高齢者の時代で、20年後は3人に1人になると予想される。高齢者の医療費が膨張するなか、自分で健康を管理する「セルフメディケーション」を国も後押しする。

一口に高齢者といっても、1健康な人、2持病がある人、3介護が必要な人では需要が違う。医薬品も、1は予防薬、2は治療薬と変わる。

 

お客、患者のニーズに合わせた対応というものはやはり大切ですね。

しかも健康のこととなると尚更かと思います。

しかし、患者さんなどの症状や悩みを聞き、お薬をお勧めしたりアドバイスをしたり等、患者さんのためになるようなことをするということはとても良いことだと思います。

 

このような薬剤師の仕事に興味がある方は薬剤師 口コミで検索してみては如何でしょうか。

堀江氏のツイート炎上で考える日本人の「人様に迷惑をかけない教」

年末年始の恒例行事なのか、公共交通機関のマナーに関連する騒動とツイートの炎上が世を賑わせた。その一つが、NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹氏と堀江貴文氏とのツイッター上でのやり取りから発生した、新幹線車内で泣く子どもに対して舌打ちをして「うるせーな」と言った女性に対する賛否について。

堀江氏:舌打ちくらいいいんじゃないかと思ったりするwww
駒崎氏:いや、うるせーな、とか言われると子持ちには地味に傷つくもんすよー。
堀江氏:だから? 泣いちゃ駄目ってこと身に沁みてわかるんじゃないの?』

この後、堀江氏が親は子どもが泣かないように可能な限り努力するべきで、たとえば睡眠薬を飲ませる方法もあるといったことをツイートとしたところ、さらに炎上具合がヒートアップした。

 

相変わらず、物議をかもすような発言の多い人ですね。

ただ、この件についてはどうなんだろう。

確かに子供とはいえ新幹線でずっと泣かれたらたまらない。

舌打ちしたり睡眠薬を飲ませろと思うかは別として、何とかしろよと思ったりする。

公共のしかも閉ざされた空間であり、子供だからと済ませていい問題ではない。

親も何とかしないといけない責任はあるだろう。

副作用がなければ睡眠薬というのも手段の一つなんでしょうけど・・・。

いい解決方法が浮かびませんね。

新しい

長州力にCMやTV番組から次々とオファーが来ている事で、「まさかの再ブレイク」と書いてある記事があります。

長州選手は、「そういうのはやめてくれ」とコメントしています。

革命戦士として全盛期を闘い、一度引退してカムバック・・・

今はもう何と62歳なんですね。

人間、丸くもなってきます。

長州選手の凄味、怖さといったものからだいぶ離れてきていると思いますが、それも新しい味かもしれません。

 

 

 

「移民を受け入れる」というのは明らかに間違った考え方だ

財界人を中心として「もはや日本は移民を受け入れなければ維持できない」という考え方が広まっています。少子高齢化が進む中、働き手も少なくなってしまう ことが予想される中、介護人材の不足などが叫ばれています。そこで移民を受け入れようという話ナわけですが、そもそもこの考え方自体が間違っています。
海外の人達は日本が「どうぞ移民を受け入れているので来てください」と言えば、どっと押し寄せてくるわけではありません。移民する人たちが主体的に自分が 移民する国を選ぶのです。多くの国で移民が受け入れられ、労働力として利用されているのは御存知の通りです。あのドバイなどの中東地域の発展は海外から出 稼ぎに来た労働者が中心となって建設現場などで働いています。つまり中東の発展は海外からの出稼ぎ移民無くしては達成できなかったというわけです。中東以 外にもヨーロッパで言えばイタリアやドイツ、イギリス、そしてアメリカなどが受け入れています。
当然そこで色々な軋轢が生まれることもありますが、すでに移民無くしては産業が成り立たない国も多々あります。アメリカではすでにサービス産業や飲食業な ど、移民がいなければ成り立たないとされていますし、ドイツなども移民の人達が産廃関係などの3K仕事を請け負ってくれているから、産業が回っていると言 われています。文化や宗教の問題はあっても、今や切り離せないようになっています。
一方の日本はと言うと移民がいなくても今は何とかやっています。しかし今後は確実に少子高齢化が進むために、労働力不足が確実に考えられます。ですから移 民を受け入れる、という選択肢になるわけですがじゃあ移民を受け入れるとなった場合にアメリカのようにメキシコ人がすぐ来てくれるか?ドイツのようにトル コや東欧の人達がすぐ来てくれるか?というと、それは見通しが甘すぎるとしか言えません。
例えば日本の近くにはシンガポールがあります。上海があります。今後はタイやベトナムなどもどんどん成長していくでしょう。そんな中であえて日本にやって くる移民がどれほどいるでしょうか?たくさん稼ぎたいなら日本の様な終身雇用・年功序列の国よりも、可能性が高い中国沿岸部やシンガポールに行ったほうが 稼げる可能性は高いでしょうから、稼ごうという意欲のある人は現在の日本を選ぶとは思えません。
また日本の現在の制度では移民受け入れがスムーズに進むとは思えません。数年前からフィリピン人の看護師および介護福祉士の受け入れを始めていましたが、 現在までの5年間で約800人しか受け入れできていません(参照)。明らかに制度に不備があったことは間違いないですし、同じような方法で「日本語ができ て日本の資格が取れる人材を移民として受け入れよう」なんて考えていたら、日本に来て働きたいという人は限りなく少なくなります。
どうにも移民受け入れを叫んでいる人たちの論を見ていると、あたかも日本が「どうぞ日本に来て下さい」と世界中に発信すれば、こぞって多くの移民がやって くるかのように発言しているような気がしますが、そんなに簡単なものではないでしょう。外国人観光客の数を見れば明らかですが、あれだけ力を入れて「日本 に来てください!」と国や地方が力を入れてアピールしているのにもかかわらず、外国人訪問者数では日本は33位で年間1000万人すら訪問者を確保できて いません(参照)。
特に日本が求めている高度人材については明らかに世界で不足していて取り合いになっています。日本を通り越してアメリカの大学やヨーロッパの大学で学び、 エグゼクティブになる人達は日本にはなかなかやってきてくれません。それだけの環境が整っていませんし、アメリカのようにたくさんの報酬を得ることが難し い日本では尚更やってきてくれないでしょう。
移民受け入れ賛成派はそろそろどのようにして移民を受け入れるのか、その具体的な政策について議論すべき時に来ているのではないでしょうか。特に高度人材 についてはこのままではやってくる見込みが少ないでしょう。今はまだ必要な移民の数を確保するための戦略も全く見えてきません。そんな状況では移民受け入 れは成功するとは私には思えないのです。

 

日本は島国で元々が単一民族だけで暮らしていた国ですし、なかなか受け入れるのも難しいでしょうね。

外国人だから差別すると言ったこともないし、かえって親切にするんでしょうけど、なかなかお互いになじむまでは難しいのかも。

筆者が言っているように、日本になんか来ないかもしれない。

有能な人であればあるほど。

難しいですね。

隣国の人たちのように、頼んでもいないのにどんどんやってくる輩もいるのにね。

看護師の不足もまだまだ解消されないでしょうね。

看護師の不足を補う可能性を秘めている潜在看護師の方、看護師転職祝い金を利用し職探しをして、是非看護師に復職してください。

病院選び 85.8%が場所・通院のしやすさ

市場調査のヒューマが病院の選び方についてアンケート調査を行った結果、回答者(2430人)の85.8%が「場所・通院のしやすさ」で選んでいることが分かった。一方で、病院利用者は「医師の対応」や「待ち時間」の改善などを希望していることも分かった。5日発表した。

調査は昨年12月7日から今年2月10日までの間で実施され、10代以下が28人、20代257人、30代635人、40代872人、50代418人、60代以上220人の合わせて2430人が回答。男女比では男性740人、女性1690人が回答していた。

それによると、病院を探す時の基準(複数回答)として85.8%の人が場所・通院のしやすさをあげ、次いで専門科の有無(61.9%)、医師 (42.5%)、口コミ(37.4%)設備(25.1%)をあげた。利用者にとって、利便性が最も優先されていることが浮かび上がっている。

また、病院を探す時のタイプでは34.2%が病状や症状から選ぶとし、18.1%が専門科の病院、17.1%が街の病院をあげ、総合病院は15.9%、大学病院は3.4%と低かった。

同じ病院を利用したいと思うポイント(複数回答)では75.3%が医師の対応、65.8%が場所をあげ、40.2%が看護士の対応と、場所を除いては医療現場にいる医師や看護士への信頼関係を伺わせるものになっている。

また、現在あるいは過去に通院した病院についての満足度では69.6%が満足。ほぼ満足と回答。あまり満足していないは20%、不満は2.9%にとどまった。

 

まぁ、当然の結果ですよね。かかりたい診療科がないとか、大きな病院で診てもらうとか、やむを得ない事情を除いて、わざわざ自宅から遠い病院にかかりたいとは思わないだろう。

その他の調査についても、特に驚きはない。

あたりまえな回答が揃う調査をしてしまったんですね。

民間企業が行っている調査だから、誰かの依頼があったのかもしれないけど、なんとも当たり前すぎて・・・。

自宅から近いほうがいいのは、なにも患者だけではない。

働く側としても自宅から近いに越したことはないだろう。

今の勤務先が自宅から遠くていやだという看護師の方、 看護師 給料 高いを参考に転職を検討してはいかがでしょうか。

介護サービス事業に参入へ 伊豆箱根鉄道

伊豆箱根鉄道(三島市、中村仁社長)は30日、新たに介護サービス事業に参入すると発表した。第1号施設として2014年4月にショートステイとデイサービスの複合型介護保険施設を沼津市に開業する予定。
1号施設は鉄骨3階建てで、延べ床面積1995平方メートル。ショートステイは50室(全室個室トイレ付)で県内最大規模という。デイサービス施設は 最大50人の利用が可能。看護師らを常時配置し、提携病院や主治医と連携して利用者の健康管理体制を築く。同社の交通事業や観光施設を生かした独自サービ スの提供も計画している。
高齢化が進む中、介護サービスへのニーズが増えている状況を踏まえ、介護事業への本格参入を決めた。グループ会社の伊豆箱根交通が10年から始めたデイサービス事業の経験を生かす。
医療や介護のコンサルタントで実績がある名古屋市の企業と提携し、事業の充実を図る。
同社は「介護サービスを通じ、家族や高齢者が安心できる地域づくりに貢献したい。当社の事業の核となるよう介護施設の拡大を検討していきたい」としている。

 

これからの高齢化社会に向けて、本格参入ということですね。

グループ会社ではすでにデイサービスを始めているとのこと。

様子見ということではないんでしょうけど、まずはデイサービスから始め、今回は複複合型介護保険施設を開業する。

ステップアップみたいな感じですかね。

看護師を常時配置ですから、利用者からしたら安心な施設ですね。

こういった介護施設で働きたいと考えている看護師の方は、看護師 非公開求人を活用していただくといいでしょう。

自分の体調 関心持って 松山 高齢者対象に相談会

高齢者の介護や食事などの相談を広く受け付けようと、愛媛県松山市小野・久米地区の地域包括支援センターなどが17日、同市南久米町の「くすりのレデイ南久米店」で出張相談会を開いた。
高齢者サロンや公民館活動に参加しづらい人にも気軽に来てもらうのが狙い。訪問看護などを行う「在宅ケアセンターひなたぼっこ」と合同開催し、県栄養士会も協力。見た目では分からない低栄養状態や転倒リスクの検査などを実施した。
ケアマネジャーや看護師、社会福祉士、管理栄養士ら5人が対応。立ち寄った買い物客たちは「足腰が弱まって転倒が心配」「子供の助けは借りたくなく、将来のため介護施設を探している」などと日ごろの悩みを話していた。
近くの女性(87)は「毎日30分は歩く。元気のこつは気ままに暮らすこと」とにっこり。職員らは「自分は大丈夫と思う人もぜひ寄って、さらに体に関心を持ってもらえたら」と呼び掛けた。

 

最近は、このような相談会など増えましたね。

毎日のようにニュースになっているのを見かけます。

積極的に人が集まるところに出向く高齢者もいるのでしょうけど、出向かない方はまったく出向かないんでしょうから、出向かない方には施設側から出向くように働きかけるといいですよね。

高齢者の独り暮らしの方も増えているようです。

そういった方の場合、栄養状態に偏りがあったり、健康上問題のある方もいるでしょう。

なかなか自分で改善するのも難しいですからね。

こういう取り組みは、良い取り組みだと思います。

こういった取り組みに積極的な施設に努めたいと考えている看護師の方がいましたら、http://看護師求人高収入.biz/を参考にしてもらえたら嬉しいです。

観てみたいカード

プロレスファンなら誰しも、今となってはもしくは最初から実現不可能だけど観てみたい(観たかった)カードがあると思う。
団体や時代を超えて、そうした妄想をするのもプロレスファンの楽しみの一つだと思うのです。
私の場合はかなり偏っていて、だからこのブログタイトルも「偏食」と入っているのですが、思いつくままに挙げてみました(両者全盛期が前提です)。

シングルマッチ

①前田日明VS蝶野正洋

②前田日明VS小川直也

③前田日明VS藤田和之

④アンドレ・ザ・ジャイアントVSグレートムタ

⑤高田延彦VSスーパー・ストロングマシン

⑥ハルク・ホーガンVS後藤達俊

タッグマッチ

①ザ・ロードウォーリアーズVSビッグ・バン・ベイダー&スコットノートン

②ザ・ロードウォーリアーズVS前田日明&佐々木健介

③クラッシャー・バンバン・ビガロ・橋本真也VSアンドレ・ザ・ジャイアント&中西学

④スタンハンセン&ブルーザ・ブロディVS橋本真也&スコットノートン

⑤ジャンボ鶴田&ヒロ斎藤VSディックマードック&マサ斎藤

http://www.physics-business.co.uk/