TBS、パックン経歴は確認済み

TBSの武田信二社長は23日、東京・赤坂の同局で定例会見を行い、学歴詐称問題で出演番組を自粛しているショーン・マクアードル川上氏の問題を受け、改めて出演者の経歴チェックを行うよう指示していることを明かしたという。
同局では川上氏の出演番組はなく、”被害”はなかったものの、「うちであってはよくないので、改めて経歴チェックをお願いしている」とコメント。
同局では4月から「あさチャン!」にハーバード大卒のタレント、パックンことパトリック・ハーランの起用を発表しているが、関係者によると既に事務所に問い合わせ、ハーバードの卒業証書の写真を送ってもらっているという。
さらに、ハーバード大の公式HPには特殊な活躍をしている卒業生を紹介するページがあるといい、そこにパックンが「日本でタレントとして活躍」と紹介されていることも確認済みだという。
最近よく高学歴の外国人タレントやハーフタレントが活躍しているが、そうした人たちに少しでも疑惑の目が向けられるようになってしまったというのは何だか悲しいことだ。