ルーテーズのバックドロップ

テーズはこの技の元祖であり、威力を世界中に広めたレスラーであり、テーズはグレコローマンバックドロップと言う。後にアントニオ猪木やジャンボ鶴田が使用し広く他のレスラーに浸透するヘソ投げ式と、ブリッジをかけない落とし方の2種類を使い分けた。ヘッドロックの返し技としてもよく使用していた。高角度であり、テーズが活躍していた時代は使用するマットが硬かったため、それも手伝って高い威力を持つ必殺技であった。現在は必殺技としての説得力は高いとはいえないが、多くのレスラーが様々な投げ方で使用するポピュラーな技として定着している。かつては岩石落とし、脳天逆落としなどと訳されることもあった。

なお、テーズが日本におけるバックドロップの後継者として指名したのは3人で、猪木、鶴田と、ラッシャー木村である。これは1981年前後、国際プロレスの外国人選手招聘に力を貸して訪日していた際の発言である。