ハヤシライス

Posted by reigatiansrufc on 4月 15, 2014 at 6:48 pm | Filled Under: 未分類| コメントは受け付けていません。

ハヤシライスとは、薄切り肉とタマネギをバターで炒め、赤ワインとドミグラスソースで煮たものを白飯の上にかけた料理。洋食に分類されるが、日本発祥の料理。

肉は、牛肉か豚肉が使用される。豚肉を使用した場合は「ポークハヤシ」とする事もある。マッシュルームやしめじやエリンギ、あるいは薄くスライスしたシイタケやニンジンを入れることもある。ご飯の上に、プレーンオムレツを乗せた「オムハヤシ」などもある。

一部の洋食屋では薄切りの牛肉とたまねぎを炒めてトマトピューレ(または庶民的にトマトケチャップ)で和え、ドミグラスソースで軽く煮込んで作る事がある。

即席の固形ルーや液体のルーが市販されている。



ピッツバーグについて

Posted by reigatiansrufc on 4月 11, 2014 at 5:58 pm | Filled Under: 未分類| コメントは受け付けていません。

地元のNFLチーム「スティーラーズ」の名にも見られるように、かつては鉄鋼生産の中心地として栄えた。しかし1980年代中盤に安価な輸入鉄鋼に押される形で地域の鉄鋼業が衰退し、地域経済が大きな打撃を受けると、その後はハイテク産業をはじめ、保健、教育、金融を中心とした産業構造に転換し、地域経済を再生させた。その経験は2007年に始まったサブプライムローン問題や世界金融危機でも生きた。全米のみならず全世界を巻き込んだこの経済危機の最中にあっても、ピッツバーグの住宅市場は比較的安定し、2008年に入ってもピッツバーグにおける求人は増加していた。



マーストリヒト条約

Posted by reigatiansrufc on 4月 8, 2014 at 8:21 am | Filled Under: 未分類| コメントは受け付けていません。

元来、欧州経済共同体はおもに経済や社会、通商に関する機関であった。欧州委員会や欧州司法裁判所はともに、その構成員が加盟国政府によって任命されるものではあるが、業務については各国政府から独立しており、欧州諸共同体の枠組み内においては多くの権限が与えられていた。また欧州議会は欧州諸共同体加盟国に居住する市民の直接選挙で選ばれているが、同様にある程度の独立した権限を有していた。

各国政府は閣僚理事会において強大な権限を保持していたが、1980年代半ば以降、表決にあたっては特定多数決方式を採用しており、およそ71%の事案が特定多数方式で表決されていた。欧州のこのようなシステムを共同体の秩序、あるいは超国家性と言われ、欧州経済共同体の諸機関は加盟国政府の権限行使による直接的なコントロールは受けず、その一方で加盟国政府はEC諸機関が反対する決定を多数決によって強制することができるものである。



アサフ・ホール

Posted by reigatiansrufc on 4月 2, 2014 at 12:47 pm | Filled Under: 未分類| コメントは受け付けていません。

アサフ・ホール(Asaph Hall、1829年10月15日 – 1907年11月22日)は、アメリカ合衆国の天文学者。火星の2つの衛星ダイモスとフォボスを発見したことなどで知られる。

コネチカット州ゴーシェンに生まれた。16歳で大工の徒弟になった後、ニューヨーク、マックグロービルのセントラル・カレッジに入学した。1856年にアンジェリーン・スティックニーと結婚した。彼女は、火星の衛星発見時にホールを激励したという逸話で知られている。

1856年ハーバード大学天文台で職を得ると、軌道計算の専門家になった。1862年にアメリカ海軍天文台の観測助手になり、その年のうちに教授となった。



ユーリ・ショカルスキー

Posted by reigatiansrufc on 4月 1, 2014 at 7:58 am | Filled Under: 未分類| コメントは受け付けていません。

アレクサンドル・プーシキンの雇用主であったアンナ・ペトロヴナ・ケーンの孫であるショカルスキーは1880年に海軍学士院を卒業し、ロシア帝国海軍で経験を積み、セヴァストポリ海洋研究所の設立に関与、1912年に中尉の座に上り詰めた。この時彼は陸水学と気象学に傾倒し、300の以上の論文を著した為、多産の学者としても知られる。

アメリカ議会図書館の上左側にあるショカルスキーによる1912年のロシア帝国の地図 彼の最も著名な論文は1917年発表の「海洋学」である。この論文は気象学と水文学を結びつけ、気候観測を理解する為の海洋現象観測の重要性を説いた。そして、彼は陸水学と水文学の相違を作る事を説き、世界の大洋という用語を作った。



アーネストバージェンス

Posted by reigatiansrufc on 3月 31, 2014 at 10:41 am | Filled Under: 未分類| コメントは受け付けていません。

カナダのオンタリオ州生まれ。オクラホマ州のキング・フィッシャー大学(Kingfisher College)卒。シカゴ大学大学院で都市社会学で専攻し、1916年から、同大学で教鞭をとる。また、アメリカ社会学会の第24代会長を務めた。

人間生態学、都市社会学の分野では、都市地域構造に関する同心円理論を通じたシカゴ学派の実証研究で知られる。また、パークとの共著『社会学なる科学序説(Introduction to Science of the Sociology)』(1921)などで同分野の基本的見地の確立にも寄与した。



マイズナー成りすまし

Posted by reigatiansrufc on 3月 28, 2014 at 11:22 am | Filled Under: 未分類| コメントは受け付けていません。

ルイス・ピーター・モーガンなる人物が元イーグルスメンバーであるマイズナーの名を語って、数々の詐欺事件を働いたことがあった。被害者は楽器メーカー、カジノの経営者、女性など。

モーガンは1998年に逮捕され16ヶ月を刑務所で過ごしたが、出所後もたびたびマイズナーになりすまし、2006年に再逮捕されるまで詐欺行為を続けた(ネバダ州のリノで、ホテルの部屋をマイズナーの名義で使用しようとするなど。周辺のホテルがこの詐欺師について情報交換していたおかげでこの詐欺は成功しなかった)。



準軍事組織

Posted by reigatiansrufc on 3月 27, 2014 at 2:12 pm | Filled Under: 未分類| コメントは受け付けていません。

武装警察や沿岸警備隊、国境警備隊、および国家憲兵などが挙げられる。 国によっては、国境の警備から交通取締りなどの行政警察活動や犯罪捜査、災害救助など幅広く運用されている。戦時体制においては軍あるいは国防省の指揮系統に編入される場合や、ノルウェー沿岸警備隊の様に平時から軍の一部である場合もある。 軍隊と警察の中間的な位置づけで論じられることも多いが、軍事力の構成要素としても、国や時代によって異なるものの決して小さいものではない。

政治的に微妙な地域における警察活動あるいは準軍事作戦を実施するにあたり、直接重装備の軍隊を投入したり、または貧弱な装備の文民警察を派遣したりせずに済み、他国からの非難を浴びにくい存在でもある。例えば、国境付近に主力部隊を配置すれば隣接国が進攻を警戒し緊張状態を生み出しかねない。そこで、準軍事組織たる国境警備隊を配置しある種の緩衝地帯とする。



ハイオリ

Posted by reigatiansrufc on 3月 26, 2014 at 3:41 pm | Filled Under: 未分類| コメントは受け付けていません。

100メートル競走、走幅跳、やり投、110メートルハードル、ハンマー投、走高跳の6種目で記録を競う。アーケード版は翌年(1984年)開催のロサンゼルスオリンピックがテーマとなっており、店頭ポスターやポップなどに、公式キャラクターである「イーグルサム」が描かれていた。

操作パネルは、RUNボタン2つとJUMPボタン1つの3ボタン制で(RUNボタンが二つあるのは利き手がどちらでも対応できるようにするため)、RUNボタンを連打すればするほど、キャラクターの走る速度が上がるシステムとなっている。そのため、指の爪でボタンをこすりつけたり、爪が割れるのを防ぐためピンポン玉やコインでこすったり、手でボタンを叩くのではなく鉄製又はプラスチック製の定規(もしくは、より剛性が高く振動数が多い割り箸など)をボタンに押し付けはじいて振動させる等の、連打速度を上げるための方法が多々生み出されることとなった。また、日本全国のゲームセンターにおいて、このゲームのゲーム台のRUNボタンの破損やその周囲がすり減っていることが多かった。



ヴェルナー・フォン・フリッチュ

Posted by reigatiansrufc on 3月 25, 2014 at 10:24 am | Filled Under: 未分類| コメントは受け付けていません。

デュッセルドルフ近郊のベンラート生まれ。父親も陸軍中将だった。1898年、士官候補生としてプロイセン野砲兵第25連隊に入営。2年後少尉に任官。1907年から3年間、ベルリンの軍事大学で学ぶ。1911年に参謀本部付。1913年、大尉に昇進。第一次世界大戦にはさまざまな部隊の参謀将校として従軍。設立間もない航空部隊にも籍を置いた。1917年、少佐に昇進。その年プール・ル・メリット勲章を受章。

戦後ヴァイマル共和国の国軍に採用され、国防省付となる。のち第5砲兵連隊で部長。1923年、中佐に昇進。1924年、第1歩兵師団参謀長。1926年、兵務局(参謀本部の偽称)で陸軍部長。1927年、大佐に昇進。1928年、砲兵第2連隊長。1931年、少将に昇進。同年第1騎兵師団長、翌年第3歩兵師団長および第3軍管区司令官に転じる。



次ページへ »